設備の整った病院を選んで検査をしよう

人間ドックを受ける

人間ドックの歴史について

人間ドックは、身体のさまざまな個所についての現状を数値などで表すことで、健康管理がしやすいシステムです。 いろいろな医療機関や人間ドックを専門で行うクリニックなどがにほん全国にあり、受診することが可能です。 7月12日は人間ドックの記念日ですが、1954年の7月12日に当時の国立東京第一病院で検診が開始されたことから、この日を記念日としています。 その後、聖路加国際病院・昭和医大病院・東京女子医大病院などが続きました。 この頃には「短期入院精密身体検査」と呼ばれていた人間ドックですが、実はこの内容を記事にした読売新聞社が、タイトルにこのネーミングをしたことがきっかけで世間に広く認知されていったのでした。

これからの展開について

人間ドックで身体の状況を把握することができるようになり、これを定期的に行うことによって、さまざまな病気を早期に発見することも可能になっています。 このため、多くの企業では社員の健康管理に人間ドックを取り入れて、活用しています。また各市町村などにおいても、住民の健康促進のために人間ドックを採用するところも増えています。 こういった傾向から、人間ドックのシステムそのものがどんどん改良されて、安全で安心な検査方法などが年々開発されています。 日本の進んだ人間ドックは、国内にとどまらず中国などの近隣諸国からの医療ツアーに提供されるようにもなっています。 観光立国が大きなテーマになりつつある日本で、医療もまた外国に向けた大きなドル箱となる可能性を持っています。