設備の整った病院を選んで検査をしよう

リウマチについて

リウマチ専門医というものがあります

リウマチという病気をご存知でしょうか。 リウマチとは関節或いは関節周辺の骨や筋肉や腱に痛みが生じる病気をまとめて言います。その中でも関節リウマチは患者数が多く、70万から100万人の患者がいるとされています。 この病気は免疫の異常によって手や足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。この病気が進むと骨や軟骨が壊れて関節が動かなくなることもあります。日常生活にも大きな支障をきたします。 リウマチになると整形外科や内科で見てもらうことが一般的かもしれません。またリウマチについては病気の研究や診療内容の向上を目的として学会が設けられております。また学会ではリウマチ専門医の制度というものを設けているようです。専門医の取得には様々な条件があるようです

近年は優れた治療薬が開発され使われています

関節リウマチの患者は70万〜100万人くらいいるようです。この病気は免疫の異常により手足の関節が腫れたり痛んだりします。またこの病気は女性がかかりやすく、30代から50代で発症する人が多いようです。 この病気の治療はかつては症状を抑える薬を飲んだり、悪くなった部分を手術で取り除くくらいしかありませんでしたが、近年では新しい薬も開発され臨床の場で用いられるようになりました。炎症や痛みを抑えるだけでなく過剰になった免疫の働きを抑制することで病気の進行を食い止めて関節が破壊されるのを防ぐことで患者の生活の質を高められるようになってきました。 昔は不治の病とされてきたリウマチですが、現在では優れた薬などで進行を遅らせることも可能になってきました。患者も治るという信念を持って治療することが大切のようです。