設備の整った病院を選んで検査をしよう

糖尿病の改善

患者数は年々増加傾向にあります

糖尿病とは生活習慣病の一つであり、糖の利用ができなくなるためおしっこから尿が出る病気です。よく糖尿病は贅沢病だと言われますが、先進国では比較的割合が少なく発展途上国や発展していない国に多い疾患です。 その理由は薬が使われないことや教育が行われていないためだと考えられています。 日本の糖尿病の特徴は糖抵抗性が強いことです。つまりインスリンが出ているのに聞いていないというパターンです。これは年齢がいくにしたがい健康な方でもインスリンの放出が少なくなったり、効きにくくなるため年齢が原因であるとも言われますが、最も大きな要因は生活習慣の乱れです。 特に近年では24時間勤務により生活リズムが乱れ、患者数が増え続けています。

糖尿病は薬ではなおらない

糖尿病は生活習慣病でもあるため、高血圧や脂質異常症と同じでほっといてもそれといった自覚症状がありませんが、徐々に進行し合併症を引き起こします。 これを防ぐために医療機関では薬を処方されます。 しかし、薬はあくまで一時的な処置にしかすぎません。同じような食生活を続けていると徐々に悪化していきます。つまり、自分で運動をしたり、食生活の見直しをする必要があります。 少しいい過ぎのこともありますが、食事で糖尿病が治るという本もたくさんでているくらい、食事療法は大切です。 病院で食事指導された方はわかると思いますが、ややこしすぎてよくわかりません。よって続かない方が多くいます。このような方にはまず、ゆっくり食べる、食べる量を徐々に減らし、今の食事の三分の二くらいを目標に食事を食べるといいです。